19年6月20日 その4318『逢坂誠二 の徒然日記』(6015)

掲載日:2019.06.20

昨日、党首討論が行われた。

マスコミや識者の論調を見ると、
議論が深まらないとか、
物足りないなど、批判的なものが多い。

当然だと思う。

各党首が数分から20分といった、
極めて短い持ち時間しかない。

こうした中で、深まりのある議論は
なかなか難しいのが現実だ。

また総理自身が、野党からの質問に
正面から向き合おうとはしない。

枝野代表から総合合算制度の提案があった。

しかしそれには全く言及しないで、
別のことを話し始める。

これでは議論が深まるはずはない。

だからこそ予算委員会を開くべきと、
我々は主張しているが、
政府与党の拒否は110日を超えている。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.6.20==



One Response to 19年6月20日 その4318『逢坂誠二 の徒然日記』(6015)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください