19年6月29日 その4327『逢坂誠二 の徒然日記』(6024)

掲載日:2019.06.29

昨日、帰函し今日は地元活動にフル回転の予定だ。

参院選挙に向け、どう戦うのかと問われることが多い。

一つ目は、国民の生活不安から
どう回復するのかがポイントだ。

安倍政権は一部の大企業には
良い政権だったかもしれないが、
個々人の懐具合は好転しないばかりか、
消費力、購買力が低下した。

こうした中で消費増税が行われるが、
国民の生活実態を把握しているとは言い難い。

庶民の懐を潤すことが大きな論点になる。

二つ目は、まっとうな政治を取り戻すこと。

安倍政権の6年半で、
特定秘密保護法、違憲な安保法制、共謀罪法など、
国民の多くの反対の声を押し切って進めた。

また長期政権になって緩み、奢りが随所に見られる。

公文書の廃棄改ざん隠蔽捏造、
国家戦略特区などに見られる
行政の私物化まがいのことが行われる。

こうしたことをストップし
まっとうな政治をとりもどすための選挙になる。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.6.29==



One Response to 19年6月29日 その4327『逢坂誠二 の徒然日記』(6024)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください