19年8月11日 その4370『逢坂誠二 の徒然日記』(6067)

掲載日:2019.08.11

今朝は突然の喉の痛みと発熱。

昨日の気温の変化、
あるいは最近の疲労の蓄積など
原因は分かりません。

解熱鎮痛剤を服用して何とかおさまっています。

ちょっと休みを取らねば
という雰囲気かもしれません。

====
ところで半世紀近く前、
都内に住む従兄弟との話が
今も鮮明に記憶に残っています。

初めて会う同世代の従兄弟は、
北海道に来たことがありませんでした。

大都会東京で暮らす彼らは、
北海道のことを興味深く質問してきます。

「大通公園や時計台の周辺には熊が歩いている?」

この質問にはびっくりしました。

「いやいや、いくらなんでもそんなことはない。
熊は北海道の山奥におり、私自身も野生の熊を見たことはない」

私がそんな返答をすると
彼らはちょっとがっかりしたような雰囲気でした。

====
しかし今、札幌で、まさに従兄弟が
質問したような事態が発生しています。

熊が住宅街や駐車中の車の間を悠々と歩き、
畑でとうきびを食べているのです。

人を恐れる気配は全くありません。

信じられない光景です。

こんなことでは、外を歩くこともできません。

早急な対応が必要です。

山の状態、人と獣の関係が変化しています。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.8.11==



One Response to 19年8月11日 その4370『逢坂誠二 の徒然日記』(6067)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください