19年9月18日 その4408『逢坂誠二 の徒然日記』(6105)

掲載日:2019.09.18

千葉や横浜の台風被害の復旧が極めて遅れています。

特に千葉の停電と家屋被害は、
まだその全貌すら見えない状態です。

今回の停電、政府の危機管理が全く見えません。

官房長官は会見で、
万全であるかのように話していますが現実は全く逆です。

未だの官邸に対策本部も設置されておりません。

電力担当の経産大臣の指示も遅かったと思います。

内閣改造なんかをしている場合ではなかったのですが、
そのことも対応の遅れの大きな要因です。

未だに停電復旧時期の見通しすら示せないのは異常な事態です。

====
昨日、マグロ漁獲枠の配分について水産庁と協議しています。

中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)北小委員会では、
日本が要望した増枠は認められませんでしたが、
未利用分繰越率が5%から17%に増加、
大型魚枠が台湾からの移譲で300トン増加しています。

これらを含めて今後来期の枠配分が決まりますが、
今後の進め方について水産庁と継続して協議します。

====
昨日、立憲民主党のJR北海道問題検討WTで
北海道新幹線の高速化と貨物輸送の問題について
国土交通省から状況を聞き、
防音壁や貨物維持のあり方について意見交換、
要請を行なっています。

私からは、
高速化を積極的に行うべき、
不要なところに防音壁が設置されていないか、
貨物輸送の経済規模の公表などについて言及しています。

特に貨物輸送は北海道、さらに在来平行線の存続にとって
極めて大事な問題であり今後もさらに協議を進めます。

====

今日は網走、北見を訪問し、
地域の皆さんと意見交換する予定です。

さあ今日もブレずに曲げずに、

確実に前進します。
==2019.9.18==



One Response to 19年9月18日 その4408『逢坂誠二 の徒然日記』(6105)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください