19年10月25日 その4445『逢坂誠二 の徒然日記』(6142)

掲載日:2019.10.25

都内は強めの雨が降り続いています。

昨日、大学入学共通テストの
英語民間試験導入を延期する法案を
国会に提出しました。

この試験は、経済状況や住む地域によって
受験生に生じる不公平、格差が生じます。

このため高校関係者などが導入について異論を唱えていますが、
なぜか政府は導入を強行しようとしています。

受験生や保護者らの理解が得られるまでの間、
民間試験活用を見合わせるべきです。

====
また昨日は、衆院本会議で日米貿易協定が質疑入りしました。

この協定は問題山積です。

アメリカが望む日本の農産物市場を開放する一方、
日本が望む自動車関連分野の完全撤廃は行われていません。

トランプ大統領は、
日本は7800億円の農産物市場の開放をしたと言っていますが、
日本政府は影響額は1000億円程度とのことです。

なぜこんなに齟齬があるのでしょうか。

私から見ると、完全にアメリカの勝利と思われます。

こうした疑問も総理には説明してもらいたいのですが。
昨日も全く何も答えていません。

これで困るのは国民です。

今後の審議でそうした点もふくめ、

しっかりと審議しなければなりません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


==2019.10.25==



One Response to 19年10月25日 その4445『逢坂誠二 の徒然日記』(6142)

  1. 久保信行 says:

    こんにちは、何とかという経産大臣が、選挙違反をしてカエルの面にしょんべんの様に役職だけをやめて知らんふりは、選挙違反ですから国会議員も辞職するべきでしょう。
    もし辞職しないのであれば選挙って何なんだという事ですよね。
    国民を舐めんなよってことでしょう。安倍政権になってから不祥事をおこしても辞職無しで済ませる事ばかり続いております。ここをつかないと駄目です。安倍総理は、自分が指名した者が、不祥事をおこして辞職をする事になると自分の指名責任を問われるからそれを恐れて辞めるなと指示をしているんですよ。ここを突かないと安倍政権は、正しく動きません。
    あのずるい安倍総理ですから・・・。
    そして、こんな事が続いていくと衆議院解散を打ち出して票の数を生かして馬鹿な政治をしてこの日本を落としていくのです。それに負けたら駄目ですよ、逢坂さん。
    頑張って下さい。宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください