19年11月27日 その4478『逢坂誠二 の徒然日記』(6175)

掲載日:2019.11.27

昨日、内閣府から桜を見る会の名簿を
どの様な経過で処分したかについて話を聞きました。

結論から言えば実態は何も分からず、
明かなのは単にシュレッダー処理された、
その事実だけです。

本当に酷い対応です。

名簿の取りまとめは内閣府人事課が、
桜を見る会の実務は内閣府総務課が、
それぞれ担当したようです。

実際にシュレッダー処理をしたのは、
人事課に属する方のようです。

シュレッダー処理をするに当たって、
その決裁はとってない。

つまり廃棄した事実は
将来には残らないということ。

処理の指示をしたのは、
課長補佐か係長だろうが詳細は不明。

処理をした分量も不明。

シュレッダー利用のルールも不明確。

内閣府も担当課において参加者を推薦しているが、
担当原課でその名簿を保管しているかどうかは不明。

とにかく何もかにも分からないの一点張り。

日本の行政の劣化、
秘密主義は完全に限界を超越した印象です。

霞ヶ関の職員もこんな言い訳のために
採用されたのではないでしょう。

職員の皆さんも
やるせない気持ちで一杯だと思います。

====
原子力規制委員会の杜撰な
公文書管理も明かになっています。

公開済の行政文書ファイルに記載された文書、
18,400件の所在が不明だというのです。

この中には、今日の規制委員会で
適合審査が了承されるとされる
女川原発2号機の審査書類の原本もあるようです。

==出典は以下==
‪原子力規制委の公文書1万8千件が不明〜内閣府に虚偽報告か | OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー 
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2450 #OurPlanetTV @OurPlanetTVより‬
====

日本の公文書管理は、
最悪の状態に陥っています。


今日は新月です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2019.11.27===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください