19年11月29日 その4480『逢坂誠二 の徒然日記』(6177)

掲載日:2019.11.29

昨日も憲法審査会で1時間近く
今年の海外視察を中心に
意見交換が行われています。

何度も繰り返しますが、
憲法に関する議論はしっかりと行うべきです。

立法事実があるならば、
改正についても議論するのは当然です。

しかし立法事実がないにも関わらず、
改正を扇動する議論、
改正だけが目的の議論などは
慎むべきと私は思います。

もちろん日本国憲法は
不磨の大典ではありません。

時代の変化とともに
改正が必要になる場面があります。

その際に、制度設計が
不確かな国民投票法制では、
結果の正統性が問われます。

国民投票がどうあるべきかの議論は
もっと深く広く行うべきです。

たぶん2011年にも日記で紹介したと思いますが、
国民投票や民意を思うとき、
いつも以下の本のことが気になります。

====
ジェイムズ・S・フィシュキン著『人々の声が響き合うとき   熟議空間と民主主義』(早川書房)

この本は2011 年に翻訳出版されました。

== 以下、引用 ==
世論調査がその名にふさわしいほど、世間は「意見」と言えるほどの意見を持ってはいない。回答者は「知らない」と認めたくないため、 その問題については一度も考えたことがないと答えるよりは、ほとんど適当に答えを選ぶ。ジョージ・ビショップの実験によると、いわゆる「1975年公共法」について、 人々は一家言あるかのように回答した。そのような法律は存在しないにもかかわらず、である。またこの架空の法令、1975年公共法の20周年という節目にあたり、 法律の廃止についてどう思うか『ワシントン・ポスト紙』が質問したところ、それについても回答者には考えがあるようだった。 くどいようだが、そのようは法律は実際には存在しない。
==以上、引用終了==

この本の中では、
学ぶ、考える、話す、
こうしたことができる空間を確保することが、
熟議の条件と指摘しています。

憲法改正と一般の世論調査は違いますが、
熟議の上で一票を投ずる環境を
如何に確保するかが重要です。

一方現在は、テレビ、新聞、雑誌など、
従来型のメディアに加えて、
ネットから得られる情報が
極めて大きくなっています。

しかも真偽が明確ではない情報も
匿名でたくさん流通しています。

熟議の空間を確保しつつ、
棒大に流通する情報にどう対処するか、
これも大きな課題です。

国民投票のあり方について、
将来、後悔することのないようしっかり

議論しなければなりません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2019.11.29===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください