19年12月8日 その4489『逢坂誠二 の徒然日記』(6186)

掲載日:2019.12.08

菅官房長官が、外国人富裕層向けの
高級ホテルの建設を支援する方針を
明らかにしています。

各地に世界レベルのホテルを
50か所程度新設するということです。

財政投融資を活用し、
今後数年かけて建設を後押しするようです。

この話を聞いて呆れてしまいました。

真に効果があるかどうか
不確かであるにもかかわらず
円を安くして国民のものを買う力を下げています。

国外から見れば、
日本の価値が下がっているのです。

そして今度は、さらに外国人に
媚びるかのような政策行うというでしょうか。

観光は大事なものです。

しかしあえて日本の価値を下げて、
外国人に迎合することが観光ではありません。

そんなことをすれば日本の観光地は劣化します。

日本の真の魅力は何かを我々自身がを掘り下げて、
我々自身が誇りを持って地域に迎え入れることが大切です。

単に数多くの人に来て頂くことだけが
目標になってはいけません。

観光の肝は、私たち自身が、
私たちの国、私たちの地域の真の姿を
知ることから始まります。

国の後押しで全国に高級ホテルを
建設することではありません。

こんなことよりも、少子化対策、
エネルギーの確保(再生可能エネルギーへのシフト)、
食料の確保(食料自給率の向上)、
これらの日本が直面する課題に
全力で取り組むことが必要です。







今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2019.12.8===



2 Responses to 19年12月8日 その4489『逢坂誠二 の徒然日記』(6186)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください