19年12月18日 その4499『逢坂誠二 の徒然日記』(6196)

掲載日:2019.12.18

2020年度から導入予定だった
大学入試共通テストの
国語と数学の記述式問題について、
文科大臣が昨日、延期すると発表しました。

安倍内閣が推進する大学入試改革象徴ともいえる
英語民間試験の活用と記述式問題の導入という
2本柱が完全に崩れることになります。

記述式試験は、50万人の答案を
20日間程度で採点することになります。

そのためには約1万人の採点者が必要です。

 採点者の人員と質が確保できるのか採点のミスやぶれへの懸念受験生の自己採点と実際の得点のズレ
こうした点が問題視されていましたが、
政府はこれまで予定通り実施する
との姿勢を崩しておりませんでした。

しかし我が党などが、
記述試験中止法案を国会に提出したり、
委員会などで質問する中で、
答弁に窮するなど問題点がクリアできず、
結局は英語民間試験と同様、
土壇場になって延期を決断したのです。

延期ということですが、
中止も含めて検討するようであり、
我々の指摘どおりの方向になっています。

今回の入試改革は何のためのものなのか、
全く意味のないものとなりました。

私の感覚では、今回は民間企業のために
実施したとしか思われない内容です。

経済論理や経済合理性ではなく、
本来、税でなければ実現できない
公平や公共性の必要な分野が、

安倍政権によって壊されていいます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2019.12.18===



2 Responses to 19年12月18日 その4499『逢坂誠二 の徒然日記』(6196)

  1. 久保信行 says:

    こんにちは、なんて言っていられない状態がこの国に起きておりますね。
    前にも言ったことがありますが、誤った独裁政治ですよ。
    金は、理由もあやふやで自由に使い、自民党が政権を取った時の約束はどこえ言ったのやら・・・。
    1.拉致被害者の全員帰国。
    2.原発被害者の早期救出
    3.北方領土の返還
    この様な事を言いながら政権を取り前政権の弱かった所をぶつぶつと言いながらどうにもならない政治?をして来て、今年の予算を見ると金が無い。よって赤字国債を組む。
    こんな事ならだれでもできる。
    やる事、やる事全て×ですよ。そして総理がやって居る事を見ると全て自分たちの選挙運動です。国民は何も言われない。やめてもらう事も出来ない。
    自民党は、もう自壊ですよ。野党が頑張って分解させてあの安倍総理から取り戻さなければこの国はそれこそ自壊ですよ。私は、本当に危惧しております。
    総理の動向を見ていると毎日、毎日、政財界人と飲み食いして金を使い、これも総理の仕事と言いたいのだろうが、見ているとその理由に大分の無理があります。選挙運動だ。
    誰が見てもそれは十分に感じている事でしょう。
    もっと、何のため?と言わなければ国民の税金でこんな事をしているのなら詐欺行為で引っ張ってもらわなければ国民は何のために懸命に働き少ない報酬で税金を払わなければならんのか?これは、総理に正して欲しい。
    そして、自民党のやる事は非常に現在の日本の国には無理がある。どうせやるならもっと勉強をしてから、政治家を目指して欲しいと思う。
    元総理の鳩山氏が、昨日のブログか何かで発言をしておるが、政治家になるには文科省がやろうとしたとんでもない試験方法を受けて合格者がなるべきとの事を良く感じて欲しい。あれも、文科大臣が金にしようと頑張ってやったが受験生の方がおかしいよと言って発覚した事ですよ。皆さんも良く見てやらんと大変な事になる。
    この様な事を起こさないように頑張ってアンテナを張って良く勉強をして国会活動をして下さい。今までの自民党のやって居る事は犯罪人をつくる事。
    生活困窮者をつくる事。そんな事ではこの国は発展なんかできません。
    中国、インド他の国は、すごいですね。日本はなにも言えない時代は目の前に来ております。頑張って下さい。これから国つくりをしなければいけませんね。
    マダマダありますが今日はこれくらいにしておきます。

    お願いしますよ。      逢坂議員 様

  2. End says:

    >私の感覚では、今回は民間企業のために実施したとしか思われない内容です。

    前川喜平さんがテレビ出演し、「英語4技能の向上を議論しようとなったとき下村議員の肝いりですでに英語民間試験導入が前提になっていた」というようなことを話していました。
    萩生田大臣の話だと、記述式や民間試験導入についてこれからも議論を続けるようですが、次はその過程がきちんと見えるようになるのでしょうか。

    身につけてほしい能力があるとして(例えば記述式で)その向上のために受験や試験で能力を「査定」することがそもそも必要なのか?が疑問です。他にも方法があるんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください