19年12月19日 その4500『逢坂誠二 の徒然日記』(6197)

掲載日:2019.12.19

昨日は帰函後、市内の挨拶回りに歩きました。

夜は二つの会合に出席し、
多くの皆さんと意見交換をさせて頂きました。

今日も挨拶回りを行います。

====
23日、自衛隊の中東派遣が閣議決定される予定です。

安保法制後初の本格的な海外派遣となります。

目的は、調査・研究。
護衛艦と哨戒機が情報収集にあたります。
活動期間は1年。
延長時に改めて閣議決定し、
国会での報告が義務付けられています。
派遣は来年1月下旬と見込まれています。
活動範囲はオマーン湾、アラビア海北部、
バベルマンデブ海峡東側のアデン湾の3海域の公海。
ヘリを搭載可能な護衛艦を派遣し、
哨戒機はP3Cを活用します。
====

海上輸送の安全を守る取り組みは重要だと思います。

しかし、派遣する法的な根拠、
米軍や他国軍との関係、
万が一、危険な事態に陥った際に
どのようなことを想定するのかなど、
議論すべき課題は山積しています。

国会での議論が不可避ですが、
この時期の閣議決定は
国会を避けているようなものです。

海上交通の安全のため
日本が果たすべき役割について、
国会で国民に分かる形で
もっと議論を深めるべきですが、
安倍政権はこうした問題も
議論を避けています。


今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2019.12.19===



One Response to 19年12月19日 その4500『逢坂誠二 の徒然日記』(6197)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください