19年12月20日 その4501『逢坂誠二 の徒然日記』(6198)

掲載日:2019.12.20

昨日、世界遺産条約の
関係省庁連絡会議が開かれました。

これまでの予定通り、
世界文化遺産候補の
「北海道・北東北の縄文遺跡群」を
ユネスコに推薦することを決めています。

今日、閣議了解となります。

今後の日程は以下です。


○20年1月中頃:世界遺産条約関係省庁連絡会議(外務省)、
○20年2月1 日まで:正式版推薦書をユネスコに提出
○20年秋~冬頃:国際記念物遺跡会議(イコモス)の現地調査と書類審査
(イコモスは世界遺産委員会の諮問機関)
○21 年5月頃:イコモス勧告(世界遺産委員会の6 週間前まで)
○21年6~7月頃:ユネスコ世界遺産委員会における審議・決議

20年の秋から冬にかけて
イコモスの現地調査や書類審査が行われます。

この段階で、
縄文文化の説明はもとよりですが、
地元体制や熱意なども
勧告の大きなポイントになると言われています。

この調査に向けて私も必要な情報収集や

国との連携もはかって参ります。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2019.12.20===



2 Responses to 19年12月20日 その4501『逢坂誠二 の徒然日記』(6198)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください