20年1月2日 その4514『逢坂誠二の徒然日記』(6211)

掲載日:2020.01.02

新年2日目の朝です。

31日は、例年通り午前零時前から
活動を開始しました。

初詣、朝起会、挨拶回りなど、
元旦からフル回転しております。

振り返ってみると、
昨年は知事選出馬要請があり、
新年の地元活動もままなりませんでした。

今日も終日、地元の挨拶回りに歩きます。

====
安倍総理の年頭所感を読みました。

今の日本社会の現実を
真正面から受け止めることなく、
「未来に向かって夢を見る」、
「わくわくする、未来への躍動感」、
「新しい時代に向けた国づくり」など
歯の浮くような気持ち悪さを感じます。

そしてやっぱり憲法改正にこだわっています。

改めて安倍総理は、憲法とは何かを
理解していないと思わざるを得ません。

安倍内閣の下で、
一見調子の良さそうに見える経済ですが、
地域を歩くと、地域経済はボロボロだという
真逆の声が聞こえて来ます。

こうした状況について
総理は全く考えていないと思われます。

こうした状況を認識しているならば、
もっと地に足の着いた所感になるはずです。

====
昨夜の函館市内は、
しばしば激しい吹雪模様となり、
雪が真横に降るような場面が見られました。

今朝の気温は氷点下 5度程度。

日中も氷点下の真冬日となりますが、
曇りの落ち着いた天候になる見込みです。






今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.1.2===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください