20年1月3日 その4515『逢坂誠二の徒然日記』(6212)

掲載日:2020.01.03

昨日も終日、新年の挨拶回りに歩いています。

今年初めての街宣も実施しました。

今日も新年交礼会、挨拶回り、
また日程の合間を縫って街宣を行う予定です。

====
ロイターによれば、アメリカ政府は 31日、
イラク米大使館への襲撃事件を受け、
米兵約750人を直ちに中東への派遣を決定しました。

さらに数日以内に最大4000人規模を
追加派遣する可能性があるようです。

トランプ大統領はデモを扇動したとしてイランを非難しました。

====
「米国の施設で死者が出たり被害が発生した場合、イランはその一切の責任を問われ、非常に高い代償を支払うことになる! これは警告ではなく脅迫だ」

とトランプ大統領はツイートしています。
====
….Iran will be held fully responsible for lives lost, or damage incurred, at any of our facilities. They will pay a very BIG PRICE! This is not a Warning, it is a Threat. Happy New Year!
====

これに対してハメネイ氏が次の呟きをしました。
====
第一に、アメリカは何もできない。第二に、もしアメリカが理性的であれば・・理性的ではないが・・・イラク、アフガニスタンその他の国々で犯してきた罪が、人々の憎悪を招いていることを理解できたはずだ。
====
That guy has tweeted that we see Iran responsible for the events in Baghdad & we will respond to Iran.
1st: You can’t do anything.
2nd: If you were logical —which you’re not— you’d see that your crimes in Iraq, Afghanistan… have made nations hate you.
====

年始も相変わらず中東情勢から目を離せません。

自衛隊はこうした場所に出向くことになります。

====
昨年末に明らかになった
カジノ誘致に関する不透明なお金の流れについて、
逮捕された秋元議員以外の
5人の議員も現金を受け取っていたことが報道されています。

今日の読売新聞では、実名入りでの報道です。

北海道の議員が2名、
沖縄が2名などとなっています。

カジノ問題が、今後どうなるのか、
新年早々目が離せません。

カジノは政界に裏工作をしても
十分元が取れるほど、
利益の上がるものなのでしょう。

地域にプラスではなく、特定の事業者に
大きなメリットのあるものなのだと思います。






今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.1.3===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください