20年1月8日 その4520『逢坂誠二の徒然日記』(6217)

掲載日:2020.01.08

今朝の函館の気温は零度程度でしょうか。

今は曇っていますが、今後、雪になる見込みです。

====
昨日も地元の出初式、新年交礼会に出席しつつ、
その合間には、新年の挨拶に歩いています。

国会が近くなって来ましたので、
地元モードから国会モードにも
切り替えねばなりません。

====
改めて一昨日の安倍総理の
年頭記者会見に違和感を覚えています。

「改憲論議を前に進めよという
 国民意識の高まりを国会議員として無視できない」

こんな発言をしています。

国民の声というのは本当なのでしょうか。

私の周囲では、
憲法の議論はすべきという声は、
少なくはありません。

これは憲法を改正せよの意味ではなく、
憲法がどうあるべきか
といった議論のことに思われます。

議論という言葉を使う方はおりますが、
積極的に改正を唱える方は、
あまりおりません。

総理はこうした雰囲気を
逆手にとっているように思います。

総理は何を根拠にして
改憲が国民の声と判断しているのでしょうか。

自分の都合、思いに無理やり枠をはめる
極めて自己中心的な判断に思われます。

====
最近、この日記に誤字などが多い
との指摘を受けています。

全く指摘の通りで弁解の余地もありません。

注意力散漫、集中力欠如。

新年の今、改めて気を引き締めねばなりません。


今朝はいつもの街宣から活動を開始します。








今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.1.8===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください