20年1月10日 その4522『逢坂誠二 の徒然日記』(6219)

掲載日:2020.01.10

あと10日あまりで通常国会が開会します。

しかしどうも気分がすぐれません。

呼吸障害のようです。

息苦しくて仕方がないのです。

何を追求しても答えません。

何を追求しても資料がありません。

政府と内通したり、
密告者から情報を得たりなど、
探偵や犯罪捜査のようにしなければ、
日本の国会は情報が得られない状態になっています。

情報公開法も、
個人情報保護法も、
公文書管理法もできました。

道具立ては揃ったのですが、
それらが全て情報廃棄や隠蔽の
隠みのになっています。

この状況に気付いている人は多いのですが、
これが如何に異常なものであるか、
これに対する危機感が欠如しています。

国会でまた質疑が始まりますが、
丁寧に説明するとか、
説明責任を果たすとか、
中身のない空疎な言葉のやり取りに、
またしても終始するのでしょうか。

個人情報に配慮し情報を廃棄するなど、びっくり仰天、
行政を自己否定する論理を持ち出すのでしょうか。

それを思うと、
とてもやるせない重たい気分になります。

民主主義には適切な情報の流通が必須です。

日本の民主主義は完全な窒息状態に陥っています。

====

ここまで悲惨な状況の中では、
公文書や情報の管理を
内閣に委ねるのは無理です。

内閣から独立性の強い機関が

内閣の情報を管理しなければなりません。








今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.1.10===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください