20年1月13日 その4525『逢坂誠二 の徒然日記』(6222)

掲載日:2020.01.13

暖冬、小雪。

冬とは思われない状態が続いています。

どんなに雪が少なくても
年が明けるとたくさん雪が降る。

子どものころから、
これが当たり前のことに思っていました。

ところが今年は今になっても
雪が降りません。


どうなっているのでしょうか。


今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.1.13===



One Response to 20年1月13日 その4525『逢坂誠二 の徒然日記』(6222)

  1. 札幌の主婦 says:

    雪の少ない札幌で戸惑っているものですが、桜を見る会の資料のことで民主党政権でもやっていたことの踏襲とか言っていてほんとに都合悪いことはみんな民主党政権時代のせいに
    してしまう安倍政権、それでも支持率が40パーセント以上、なんでなのか不思議でたまりません。本当なのかわからないけど、現天皇も安倍政権よりとか聞いたらこの国もうだめなのかと思ってしまいます。

札幌の主婦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください