20年1月22日 その4534『逢坂誠二 の徒然日記』(6231)

掲載日:2020.01.22

桜を見る会の異常さに、
改めて多くの皆さんが呆れています。

*開催後、早い時期に名簿を廃棄したこと
*総理の後援会関係者などを招待し私物化していたこと
*有権者に無料で飲食させた可能性があること
*前夜祭の会計が不透明なこと
*反社会勢力を招待した可能性があること
*問題のある企業のPRに利用されたこと

安倍政権下の桜を見る会には、
様々な問題が内在しています。

もう一つ私には不思議なことがあります。

総理の地元である山口県から
800名もの参加者があったと言いますが、
その経費、旅費は、本当に参加者本人が
負担したのでしょうか。

お聞きしますとご夫婦と子供で
参加したという家族もいるそうです。

経費は一人8万円程度とのことです。

子供料金は分かりませんが、仮に半額でも 4万円。

家族3人で20万円です。

20 万円も払って家族で
参加するようなものなのでしょうか。

総理には、この経費負担のあり方も
明らかにしてもらわねばなりませんが、
一昨日の施政方針演説では、

桜の「さ」の字もありませんでした。




今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.1.22===



2 Responses to 20年1月22日 その4534『逢坂誠二 の徒然日記』(6231)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください