20年2月5日 その4548『逢坂誠二の徒然日記』(6245)

掲載日:2020.02.05

海自の護衛艦「たかなみ」が
中東海域に出航しました。

防衛省設置法に規定する調査・研究が
今回の派遣の根拠です。

日本関係船舶航行の安全を
確保することは大変重要です。

しかし国会に何の説明もなく、
閣議だけで今回の派遣を決めたのは
相当に違和感があります。

国権の最高機関である国会の
監視が全くない中での決定です。

派遣された今になってから
予算委員会などで
内容の確認が行われています。

しかし議論の順番が逆です。

問題はいくつもあります。

====
派遣の根拠は適切か。

何を目的にどんな活動を行うのか。

それは日本関係船舶航行の安全確保に関し
どのような意味を持つのか。

米軍や多国籍軍との関係はどうなるのか。

予め予定された行動以外の事態が発生した場合、
その対処はどうなるのか。

こららのことは、
憲法や法令との整合性はあるのか。

====
まずこれらのことについて事前に確実に議論し、
目的、効果、課題などを掘り下げ、
派遣の必要性など検討すべきだったのです。

その上でどうしても派遣が必要であるならば、
特措法などで対応すべきだったのは
言うまでもありません。

安倍総理は、調査・研究に基づく派遣を
「一般化することは毛頭あり得ない」と述べています。

その一方で、
個別の事案は慎重に判断すると答弁しています。

つまり今回の派遣が先例となる可能性を否定していません。

今回の派遣で、
予期せぬ緊急事態が生じた場合は、
限定的な武器使用が認められる
海上警備行動で対応する方針とのことです。

海上警備行動への切り替えは、
時間がない中での決定になるでしょうから、
持ち回り閣議が想定されます。

その場合も国会で議論することができません。

過去の戦争などが勃発した例を見ると、
偶然や一瞬の判断が
重大事案発生の引き金になっています。

今の中東海域は、
そうした偶然が発生する可能性が否定できず、
一瞬の判断が必要なことが発生しかねない地域です。

そこへ武器を装備した自衛隊を送り込むのです。

何が起こるかわかりません。

そのことを政府が認識した判断なのでしょうか。

今の政府は国会の監視も蔑ろにしており、

極めて不安な状態です。


今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.2.5===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください