20年2月9日 その4552『逢坂誠二の徒然日記』(6249)

掲載日:2020.02.09

2月に入ると、
どんなに雪が降ろうが、
どんなに寒かろうが、
空が明るく春っぽい色に変化します。

私が、勝手にそう感ずるのかもしれませんが、
昨夕の森町の空はまさにそんな感じでした。

今年は本格的な冬が来ないまま、
春が来るのでしょうか。

今朝の函館も青空が広がっています。

でも気温は氷点下10度近く。

日中も氷点下の真冬日の見込みです。

昨夜の森町での新春の集いにも
多勢の皆さんにご参加頂きました。

こころから感謝しております。

今日は木古内での開催です。

====
昨日は、帰函後、色々な方の話を聞かせて頂きました。

とにかく聞く、聞く、様々な声を聞く、
これが大事なことだと感じています。

医療関係者、運輸交通関係者、
そして昨日は漁協や漁師さんからの話が
重たいものでした。

かつては不漁ならば
価格が上がることが多く、
何とか食いつなげた。

しかし今は、
不良でも価格が上がらず
収入は減る一方だ。

何とかならないかとの内容です。
簡単には解決のつく問題ではありませんが、
何らかの対応ができないか
検討を開始しております。





今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.2.9===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください