20年2月10日 その4553『逢坂誠二 の徒然日記』(6250)

掲載日:2020.02.10

今朝の函館の気温は氷点下12度。

朝から街頭に立つ予定でしたが、
氷点下5 度を下回る中での街宣は
肺に悪影響があるとの指摘があり、
今日は中止となりました。

====
一昨日の森町に引き続き昨日は、
木古内町で新春の集いを開催して頂きました。

木古内町長、知内町長をはじめ
議会の皆さんにもご参加頂き、
とても有意義な時間を過ごすことができました。

本当に有り難く思います。

来週は、長万部、そして八雲での開催です。

====
原発を巡って二つの杜撰な取り扱いが発覚しています。

日本原子力発電敦賀原発2号機の
新規制基準に基づく審査で、
原電が原子炉建屋直下に
活断層有無の判断の資料を書き換えていました。

7日、原子力規制委員会が指摘し発覚しましたた。

規制委は信頼できる資料が出されるまで
審査を再開しない方針ですが、
こんな出鱈目を行う事業者が
キチンとした資料を出すのでしょうか。

書き換えた部分は少なくとも十数カ所。

敦賀 2号機は原子炉建屋直下の断層が
活断層である可能性が指摘されています。

審査で活断層と判断されれば運転できません。

今回の書き換え部分はこの判断を左右するものです。

原電の副社長は、
「悪意はない。意図的ではない」
などと釈明したようですが、
信用できる状況にはありません。

====
四国電力伊方原発で、今年1月25日、
外部電源が一時ストップしました。

四電は、
受電停止は1、2号機が3秒間、
3号機は9秒間と公表し、
バックアップ電源が正常に作動し、
東京電力福島第1原発事故のように
全交流電源を喪失したわけではないと説明しました。

ところが今回、3号機の燃料プールの冷却が
43分間止まっていたことが発覚しました。

核燃料は崩壊熱を発するため
冷却し続ける必要があります。

一時的とはいえ冷却が止まったという
不都合な事実を隠す姿勢には呆れるばかりです。

====
原電といい、四電といい、
出鱈目な取り扱いを行っています。

総理が公文書などに関し、
出鱈目な取り扱いをしています。


総理の出鱈目が原発にも広がっています。





今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.2.10===



2 Responses to 20年2月10日 その4553『逢坂誠二 の徒然日記』(6250)

  1. 滝川春光 says:

    今月は各地の新春の集い、ご苦労様です!盛会で何よりですね!松前町の開催を楽しみにしていますので必ず案内下さい(*^-^)ノ

  2. End says:

    寒い中の街宣は、さぞかし大変だろうと思います!

    > 氷点下5 度を下回る中での街宣は
    肺に悪影響があるとの指摘があり、

    寒さが肺に影響を与えるとは知りませんでした。(衝撃!)
    ニセコ でスキーをしていて、温度計が−15度だったことがありまして…。


    12日に質問に立たれるようですね。頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください