20年2月11日 その4554『逢坂誠二 の徒然日記』(6251)

掲載日:2020.02.11

昨日は満月。

移動中の車窓から
ちょっとだけ月を眺めることができました。

もっと落ち着いて空を見上げたいものです。

====
昨日、我が党の山尾議員が
予算委員会で重大な指摘をしました。

今回、政府は、東京高検検事長の
定年延長を閣議で決めました。

ところが山尾議員の指摘によれば、
1981年の衆院内閣委員会で人事院が、
「検察官と大学教官はすでに定年が定められている」として、
国家公務員法の定年制は
適用されないとの認識を示していたことが判明したのです。

したがって今回の定年の延長は違法の可能性があります。

ところが森法務大臣は、
過去のこの答弁との整合性のない
「(国家公務員法の)勤務延長制度の趣旨は
検察官にも等しく及ぶ」と主張するのみです。

過去の答弁との食い違いをどう判断するのか、
政府の統一見解を出さなければ、審議になりません。

安倍政権になってから、
公文書の扱い、会議の非公開、
行政の私物化、恣意的な人事など、
出鱈目が横行しています。







今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.2.11===



4 Responses to 20年2月11日 その4554『逢坂誠二 の徒然日記』(6251)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください