20年2月16日 その4559『逢坂誠二 の徒然日記』(6256)

掲載日:2020.02.16

昨日午前は、函館市内を回りつつ、
午後は長万部で新春の集い、
そして夜は八雲で笹田道議の新春の集いに合流、
多くの皆さんと意見交換をさせて頂きました。

地域振興、一次産業の振興など、
様々な話が出ましたが、
目下の大きな関心事は二つです。

一つは、安倍政権が出鱈目であること。

これに対する多くの皆さんの怒りの声が寄せられます。

やっと皆さんにそのことが伝わってきた感じです。

公文書の管理が酷すぎるなど、
単なるスキャンダルではない、
民主主義の本質的な問題であることが
理解されつつあります。

もう一つは、新型コロナウィルスの件です。

政府の対応は不適切ではないか、
クルーズ船への対応が悪いなどの意見にはじまり、
医療関係者からは、
マスク、防護衣、消毒液、手袋などが不足しており、
感染症指定医療機関として
十分な対応ができないなどの声もありました。

新春の集いは、様々な声を伺う貴重な場です。




今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.2.16===



2 Responses to 20年2月16日 その4559『逢坂誠二 の徒然日記』(6256)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください