20年2月27日 その4570『逢坂誠二 の徒然日記』(6267)

掲載日:2020.02.27

函館で肺炎で亡くなった方が、
新型コロナウイルスに
感染していたことが、
昨日、判明しています。

ついに地元でも亡くなられた方がおり、
本当に辛い気持ちです。

心からご冥福をお祈りします。

====
新型コロナウイルス感染が、
国民と社会に与える影響が、
完全に新たな段階に入っています。

国民の命を守らねばなりません。

分野を問わず経済への影響が
深刻になっています。

特に資金力の余裕の少ない事業者が
苦境に立たされています。

経済を守らねばなりません。

しかし政府の対応は、
国会答弁を聞いても、
場当たり的で動きも緩慢です。

とにかく国民の命と
経済を守らねばなりません。

====
PCR検査の態勢について、
これまで政府は実態を
明かにしようとはしませんでした。

政府は一日最大で 3800件の
検査能力があると言っていました。

しかし現実には、直近の一週間(18〜24日)でも
一日平均900件しか検査をしていなかったのです。

18 日996件
19日672件
20日656件
21日 1594件
22日1166件
23日675件

検査の実数は上記の通りとのこと。

色々な地域で検査が受けられない
との苦情が噴出しています。

キチンと受検できれば、
感染者の実態が
もっと明かになる可能性があります。

しかしこれまでの国の答弁からは、
本腰を入れてPCR検査を
拡充するようには思われません。

そこでPCR 検査を強化するための
議員立法の検討を開始しました。

早急に法案化を行い、
国会に提出する方向です。

====
昨日、安倍総理は、大規模なイベントを
今後2週間自粛するよう呼びかけました。

これまでもフードフェスタをはじめ
地元のイベントの多くが中止、
または延期になっています。

私の後援会も、
江差、鹿部、松前、七飯、北斗での
新春の集いの中止を決定しております。

昨日の総理の自粛要請によって、
全国各地でイベントなどの中止が
加速するものと思います。

こうしたことや、
国民活動の低下、
外国人観光客の減少によって、
日本経済に相当な悪影響が及び始めています。

これらへの対策を講じなければなりません。

しかし政府の予算はたった153億円。

東京都の補正401億円に比べても
あまりにも見劣りします。

政府に対し緊急的な対策、対応を
要請しなければなりません。

また海外の日本に対する厳しい声も
高まっていると聞きます。

昨日も合同対策本部の役員会を開催しましたが、
安倍政権の対応を厳しく検証すると同時に、

政府に対して緊急かつ建設的な提言をする予定です。











今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.2.27===



4 Responses to 20年2月27日 その4570『逢坂誠二 の徒然日記』(6267)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください