20年3月3日 その4575『逢坂誠二の徒然日記』(6272)

掲載日:2020.03.03

ひな祭りです。

新型コロナウイルス感染に関し、
各方面への影響が広がっています。

やはり政府の初動をはじめ、
初期段階の認識の甘さが、
感染の悪化に繋がっている
との指摘が多く寄せられます。

今回の新型コロナウイルスの
指定感染症への指定時期に関し、
1月28日の段階で政府は、
2月7日になるとの立場でした。

衆院法制局との慣例だなどの
説明をしていました。

なぜ1週間以上も先送りをするのか、
という強い指摘を受けると、
あっさりと2月1日指定に変更となりました。

つまりこの問題を深刻に
受け止めていなかった節があります。

また専門家の初会合は2月16日です。

これはどう考えても遅すぎます。

水際対策として、
武漢を含む湖北省からの入国制限を
2月1日から実施しました。

直感的、感覚的には、
湖北省からの入国制限は理解できます。

しかしあの時点で湖北省だけで良かったのか、
その科学的検証、根拠は薄弱だったようです。

こうした点を見ても、
政府の認識が甘かったことが分かります。

====
昨日の参院参院予算委員会で安倍総理は、学校の一斉休業に感し、

「直接専門家の意見を伺ったものではない」、
「判断に時間をかけるいとまがない中、私の責任において判断した」

と答弁しました。

つまり科学的根拠に基づくものではなく、
政治判断だったということです。

こうした状態ですから、
発生する様々な弊害について、
対応策を検討した上での
判断でもないことは明白です。

現場で様々な混乱が発生するのは当然です。

政府の対応がどうであれ今日も、
会派共同の対策本部会議を開いて、

我々の対応策を進化させます。










今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.3.3===



3 Responses to 20年3月3日 その4575『逢坂誠二の徒然日記』(6272)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください