20年3月5日 その4577『逢坂誠二の徒然日記』(6274)

掲載日:2020.03.05

昨日、総理が個別に野党党首と会談しました。

新型インフルエンザ等特措法の対象を
新型コロナウイルス感染症に拡大する法改正への
協力要請が行われました。

政府は 2月18日に
新型インフルエンザ事業実施要綱を
新型インフルエンザ等実施要綱に変更し、
インフルエンザ用に備蓄していたマスクを
新型コロナウイルス感染症対策にも
使用できるようにしています。

こんなことが可能ならば、
そもそも特措法には「等」が入っています。

法改正しなくても特措法が適用できる
と考えるのが普通です。

なぜ安倍政権は特措法を適用させなかったのか、
疑問でなりません。

また今の特措法には、
国会との関係や
政府の措置に対する根拠規定など、
いくつかの問題点もあります。

そうした課題にも配慮しつつ、

法の適用を考える必要があります。










今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。


===2020.3.5===



4 Responses to 20年3月5日 その4577『逢坂誠二の徒然日記』(6274)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください