20年3月17日 その4589『逢坂誠二 の徒然日記』(6286)

掲載日:2020.03.17

東証もニューヨークも株価が
大幅下落しています。

====

昨日の日経平均株価は4営業日続落です。

終値は1万7002円。

2016年11月以来約3年4カ月ぶりの安値です。

日銀が政策決定会合を前倒して金融緩和策を決めましたが、
その効果は一瞬で、今後への不安は強く乱高下しています。

====

先程終了した16日の米ダウ工業株30種平均は、
前週末比2997ドル安の
2万0188ドルに急落しています。

12日に記録した過去最大の下げ幅
2352ドルを塗り替えています。

FRBは1緊急利下げを実施しましたが、
こちらも効果が発揮されません。

入国制限などのよる経済悪化懸念などによって
投資家の不安が鎮まらない状態です。

今日の東証から目が離せません。

====
昨朝、上京前に青果市場を歩き、
皆さんの声を聞かせて頂きました。

以下の声など、大変厳しい状況になっています。

====
*ホテル、居酒屋など飲食店への納入が激減
*卒業式などの式典縮小で花の需要がない
*無利子、無担保は聞こえが良いが銀行が窓口なら貸さない
*減収、減益なので、融資を受けても返済のメドが立たない
*借金ができても返せないので借りることは倒産の入口
*前代未聞の厳しさだが耐えるしかない
*直接現金の注入しかない
*次に逢坂さんと会う時は倒産しているかもしれない
*武器を買うお金を少しこっちに回して欲しい
*総理は予備費2700億円があるからというが少なすぎる
*後手とういうが、後手後手後手だ
*習近平が来るから中国への対応が遅れたのだろう
*PCR検査はキチンとやれているのか
*感染の状況を隠しているのではないか
*金持ち政治家には我々の苦しさは分からない
====

先週末から昨日にかけて、
商店、病院、ホテル、市場などを回り、
色々と話を伺っております。

地域経済への影響は甚大で、
東日本大震災以上と話す方もおります。

行政執行権のある政府は、
中小企業や個人事業主が事業を継続できる措置を、
また個々人が生活できるための措置を、
簡便な手続きで迅速に実施しなければなりません。


そのために全力を尽します。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。






===2020.3.17===



One Response to 20年3月17日 その4589『逢坂誠二 の徒然日記』(6286)

  1. CoCoRo says:

    政治家が作った法律だから人の命よりも法律が大事なんでしょうね。医療関係者が考えつかない事を一般の人が考えて製品を作った。それだけで相手にしてもらえない。その製品で助かる命があるかもしれないのに。治験が必要かもしれないけど、何もしないで100%しんでしまうなら試して1パーセントの望みにかけたい。そう思う人がいても政治家の作った法律で生きる事を許されない。法律を変える事ができるなら緊急事態には本人の同意を得たうえで新しい製品を試せるようにすればいいのに。「等」という言葉たけにこだわって改正して今は必要ないって。だったら今、必要な法律を改正すればいいのに。それに誰も気づかない政治家。1年後とか5年後とかって今を考えていない。コロナより人の命より桜、五輪。
    もうすぐ桜が咲きますね。
    一度、ウィルスを即死させる機械で検証させてあげて下さい。ダメで元々。
    でも効果があれば国民だけでなく世界中の人を助けられるのです。信用できない話かもしれないけど信用しないと何も進みません。このウィルスがなくなったら全て解決するのに。なんでそれが政府の方にはわからないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください