20年3月18日 その4590『逢坂誠二 の徒然日記』(6287)

掲載日:2020.03.18

17日の東証、ニューヨークともに
株価は不安定な値動きでしたが、
株価の下落にいったん歯止めがかかりました。

しかし経済全体が停滞し、先行きは不透明です。

こうした中、ホワイトハウスは、
1兆ドルから1兆 2000億ドル、
日本円で100兆円から約129兆円規模の
景気刺激策を検討していることが明らかになりました。

一方、国会では、
新型コロナウイルスの感染拡大に対応するための
「政府・与野党連絡協議会」(仮称)
を立ち上げることが決まりました。

感染拡大の防止策や経済対策、立法措置などについて、
政府・与野党が党派を超えて意見を交わし、
対策を検討する場となる見込みです。

協議会は各党の幹事長や
政策責任者で構成する予定で、
週内にも初会合を開く方向です。

地元はもとよりですが、
全国の皆さんの厳しい状況に対処するため、
大規模な財政対応など
協議会で具体的な方策をしたいと思います。

====
今日発売の週刊文春に、
森友学園をめぐる公文書改ざん事件に関連し、
自ら命を絶った財務省近畿財務局の
赤木俊夫さんの「手記」が発表されています。

手記には以下のような記述があります。

「すべて、佐川理財局長の指示です」
「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」

財務省が国会で虚偽の答弁を行った可能性が極めて濃厚です。

改めて赤木さんのご冥福をお祈りすると同時に、
総理、財務省をはじめ関係者は、

真実、事実を明かにしなければなりません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。






===2020.3.18===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください