20年4月12日 その4615『逢坂誠二 の徒然日記』(6312)

掲載日:2020.04.12

昨日、東京都で新たに197人の感染が確認されました。

1日に判明した感染者の数としては
4日連続で最多を更新しています。

コロナウイルス感染に関し、
国民の皆さんに様々な不安が広がっています。

今、政府がすべきことは、
感染防止と医療提供体制の整備などです。

同時に自分の事業や会社、そして暮らしを守れるのか、
その瀬戸際に立たされている方がたくさんおります。

政府はこうした方々の不安解消に全力尽くさねばなりません。

そのためには現金が必要です。

融資、支払い猶与、現金による直接的な支援などを
組み合わせて、早急な対応が必要です。

現在の雇用調整助成金は
使い勝手が悪いばかりか、即効性もありません。

そのため即効性のある雇用保険に頼るため、
事業主都合による解雇が発生しています。

雇用調整助成金の強化と改善を
政府に強く求めています。

強い要請の結果、添付書類が減る、
助成金の支給が早くなるなど、
一定の成果を上げていますが、まだ不十分です。

これからも要請を続けます。

26兆円分の税・社会保険料について
1年間の支払い猶与が行われます。

しかし一年後に経営が好転していない場合などは
減免などの措置が必要です。

法改正の検討が必要です。

事業収入が前年比50%以上減少した事業者に対し、
中堅・中小には上限200万円、
個人事業主には上限100万円の範囲内で、
減少額を給付するとのことですが、
政府案はこれ一回限りです。

経営の状態によっては、
さらなる追加給付もする必要があります。

政府は、所得制限を設けて
世帯に対し30万円の給付を予定しています。
この支給基準が厳しく多くの世帯が対象にはなりません。

個人一人当たり10万円以上を、
現金で支給する方式が良いと考えていますが、
政府は世帯単位との考えを変えないようです。

仮に世帯に給付するにしても、支給基準を緩めるなど、
真に機能する給付金にしなければなりません。

==逢坂誠二のネット・タウンミーティング開催==
日時:4月12日(日)13時~(1時間程度)参加人数:10名程度
Zoom 環境が利用できる方ならば、どなたでも参加できます。

info@ohsaka.jp まで、お名前とお住まいの市区町村を添えて、
今日正午までに、お申し込み下さい。

今回は、渡島桧山管内在住の方に優先してご参加頂きますが、
渡島桧山管内の方が10名に満たない場合は他地域の方も、
10名に達するまで先着順で参加可能です。

Zoomミーティングへの参加は以下です。
スマホでも参加できます。(参加は簡単です。)

https://zoom.us/j/520683864?pwd=T2RzdzIweTJKQklrNGQ0aGt2N1Qzdz09

参加申し込みされた先着10名の方にIDなどをお知らせします。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.4.12===



One Response to 20年4月12日 その4615『逢坂誠二 の徒然日記』(6312)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください