20年4月13日 その4616『逢坂誠二 の徒然日記』(6313)

掲載日:2020.04.13

帰函できす、昨日は、ネットを使って
タウンミーティングを行いました。

ネット利用は気軽に参加するには
ハードルが高い印象です。

やはり直接会うのがベストです。

それがままならず、歯ぎしり状態です。

====
新年度です。

進級、進学、就職など、
新たな生活のスタートに心がときめいたり、
逆に多少の不安があったりと、
独特の雰囲気が漂うのがこの時期です。

しかし今年は全く違います。

就職が決まったのに、入社式もなく自宅待機、
せっかく決まった就職なのに内定が取り消された、
新しい学校に入学したが入学式もなく学校も始まらない。

若い皆さんにとって、
いつもなら心躍る新年度なのですが、
今年は真逆の状態です。

希望の光が降り注ぐはずが、
今後のことを思うと暗い気持ちになります。

確かに今のこの状況は前代未聞のことであり、
私自身もこれまでに体験したことのない深刻な状況です。

色々な事業活動が苦境に陥り、
個々人の生活も大変な状態になっています。

しかしどんなに暗く長い夜であったとしても
必ず夜明けはやって来ます。

どんなに激しい雨だとしても、
いつかは必ず日の照る時が来ます。

今は、覚悟を決めて感染の防止に全力上げることです。

新年度を予定通りスタートできなかった、
特に若い皆さんは意気消沈している方も多いと思います。

しかし希望を失ってはなりません。

何よりも大切なのは、前向きな気持ちです。

今よりも絶対に良い方向に変わるという、
強い前向きな気持ちが何よりも大切です。

そしてこのコロナショックをきっかけとして、
今までの私たちの社会のあり方を
見直すチャンスにすべきです。

しかもその新時代の担い手は若い皆さんです。

厳しい中にあっても希望の光が降り注ぐよう、
私も政治家の一人として、全力を尽くします。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.4.13===



2 Responses to 20年4月13日 その4616『逢坂誠二 の徒然日記』(6313)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください