20年4月17日 その4620『逢坂誠二 の徒然日記』(6317)

掲載日:2020.04.17

昨日は大荒れの1日となりました。

新型コロナウイルス対策に関する
緊急事態宣言の対象を今の7都府県から
北海道を含む全国に広がることになりました。

所得制限を付けて1 世帯当たり30万円を支給する案が、
すべての国民に10万円を支給する案へと
変更することになりました。

この2つのことを巡って、朝から対応に追われました。

====
夜7時から急遽、議会運営委員会が開催され
緊急事態宣言の全国への拡大について質問を行いました。


緊急事態宣言を全国に展開するのは極めて異例の措置、
それにも関わらずなぜ総理がなぜ説明にこないのか、
厚労、財務大臣は最低限来るべき、説明を


緊急事態宣言を全国に広げた根拠は何か、
以前と何が変わったのか。
これまでの政府の判断が甘かったのかを含め
合理的な説明をお願いしたい

#接触8割減は分かりにくい。
緊急事態宣言の効果を上げるためには
具体的にどのような活動ができて、
何を抑制すべきなのかを明示する必要があるが見解を

#つまり活動自粛要請と支援、補償、補填は
一体のものと考えるが政府の基本認識を

#自治体では先行して飲食店などに対し支援を開始している。
全国の自治体が地域の実情に応じて支援できるよう、
臨時交付金を大幅に増額すべきと思うが如何か


国民への給付金は、すべての国民に10万円に変更するのか。
これは我々が主張していたことだがこれまでなぜ採用しなかったのか、
今回方針を変えた理由は何か


現在説明されている補正予算案を修正するのか。
国会にはいつ提出するのか

====
以上の質問を行いましたが、西村大臣はほとんど何も答えず、
国会に説明し質疑をしたアリバイ作りのような印象です。

こんなことをすれば国会が形骸化します。

====
今日も早朝から新型コロナウイルス対策に専念します。



今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.4.17===



One Response to 20年4月17日 その4620『逢坂誠二 の徒然日記』(6317)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください