20年5月5日 その4638『逢坂誠二の徒然日記』(6335)

掲載日:2020.05.05

こどもの日です。

例年のこどもの日とは大違いの静かな朝です。

====
緊急事態宣言が 5月末まで延長されました。

なぜ5月末なのか、
その科学的根拠は不明です。

単に区切りが良いから、
どうもそれが理由のようです。

PCR検査や疫学的な検査を、
統計的に有意な方法で実施していません。

昨日の総理の記者会見でもそれが明白です。

したがって科学的な根拠を持ちようがないのが現実です。

専門家会議も専門性を発揮しようがない、
単に政府の意向を追随する会議になっている印象です。

総理の会見は、国民に安心を与えるものにはなっていません。

命と暮らしを守る方策をなぜもっと明確に言えないのでしょうか。

今回の補正予算だけでは十分でなければ、
即刻、次の補正もあることをなぜ言えないのでしょうか。

自己を正当化することに力点があり、
国民を守ることが最優先になっていません。

こんな総理は不要です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.5.5===



One Response to 20年5月5日 その4638『逢坂誠二の徒然日記』(6335)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください