20年5月6日 その4639『逢坂誠二の徒然日記』(6336)

掲載日:2020.05.06

二夜連続で、緊急地震速報が入りました。

震源地はいずれも千葉県です。

新型コロナ感染に関する緊急事態宣言発令中の今、
(そんなことは考えたくはありませんが、)
大規模な自然災害が併発することも想定しなければなりません。

最悪の事態も想定する必要を強く感じます。

====
昨日も地元から
融資や持続化給付金に関する相談を受けています。

特に持続化給付金は、
ネット上で本人が申請するため
多くの問い合わせがあります。

https://www.jizokuka-kyufu.jp

持続化給付金は次の点を改善する必要があります。


前年同月比の収入50%以下が対象となりますが、
収入半減はハードルが高すぎます。
せめて30%以下程度に緩和すべきです


給付金は、
中小法人等は最高200万円、
個人事業主は最高100万円です。
しかしこれは一回限りです。
6月末までに一回給付など、
期間を区切るなどの工夫によって、
複数回給付金を受け取ることができるようにすべきです

こうした改善をしなければ、
多くの事業者の皆さんを救うことはできません。

政府与野党連絡協議会の場でも、
この改善点を強く申し入れたいと思います。

====
昨日は議員会館で仕事のため
いつものルートで電車通勤となりました。

こどもの日ということもあるのでしょうが、
日中であるにも関わらず、
電車一両には数名しか乗客がおりません。

乗り換え駅となる赤坂見附駅のホームも、
ほとんど人がおりません。

こんな状態は初めての体験です。

今更ながら、異常事態であることを再認識します。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.5.6===



One Response to 20年5月6日 その4639『逢坂誠二の徒然日記』(6336)

  1. 久保信行 says:

    こんにちは、大変な時期に在東京とは御苦労様です。
    ところで、国は金が無いから国民に10万円の追加を出来ないと言っておるようですが、逢坂さんはこの件についていかが、お考えですか。

    国民も大変な頑張りを見せているのですから、国も頑張ってくれるようお願いしてください。ところで、国会議員の歳費を二割出すと言って決まった様ですね。何かあまりの少なさにすっかり忘れていました。国会議員の歳費を半分にして見たらいかがですか。
    本当は、全部忘れてもらっても良いような気もしますがね。領収書のいらないお金の使い方もあるのですから、月当たり100万円と聞きましたが・・・・。
    自民党に提案して見たらいかがですか。私は、これをやる事で国会議員に対する見方が大変に違ってくると思いますがね、一度提案してみて下さい。笑いにならないようにお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください