20年5月8日 その4641『逢坂誠二の徒然日記』(6338)

掲載日:2020.05.08

昨日、レムデシビルが、
新型コロナウイルス感染症の治療薬として、
国内で初承認されました。

レムデシビルは、アメリカで今月1日、
コロナ感染症にも効果が期待され、
重症患者に対する緊急時使用時許可という、
特例的な使用が認められたものです。

日本国内では今月4日に製薬会社から申請され、
昨日、厚生労働省の審議会が、
承認を認める意見をまとめました。

その意見を受け厚労大臣が、
「特例承認」の制度を適用し、
国内初の新型コロナウイルスの治療薬として承認しています。

今後は、流通量が限られていることや、
有効性や安全性に関する情報が少ないため、
重症患者に限定して提供される見込みです。

====
今回の承認はアメリカの国立研究機関と、
ギリアド社の臨床試験データに基づくものです。

アメリカでも正式承認前の研究中の薬です。

日本以外の国ではまだ承認も認可もされておらず、
安全性と有効性を評価する臨床試験は継続中です。

====
新しい薬が開発されるのは朗報です。

しかし特例承認とはいえ、
キチンとしたデータに基づいた
承認プロセスは必須のものです。

今回の特例承認がどのような経過で行われたのか、
キチンと検証しておかねばなりません。

====
今日も、朝から立国社政策会議、
党のコロナウイルス対策会議、
政府与野党連絡協議会など、
重要な会合が詰まっています。

とにかくコロナウイルス対策に全力投球です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.5.8===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください