20年5月14日 その4647『逢坂誠二 の徒然日記』(6344)

掲載日:2020.05.14

昨日、自民党の岸田政調会長と
両党の国対委員長も交え4人で会談をしました。

今回の検察庁法改正をはじめ、
国会では真っ向から対決する案件も多々あります。

一方、とにかく与野党の枠を越えて、
一丸となって対応しなければならないこともあります。

今回のコロナ感染対策は、
まさに与野党の枠を越えて対応すべきものです。

これまで政府与野党連絡協議会の場で、
政府に対し与野党それぞれの立場で、
いろいろなことを協議してきました。

今後はそれに加えて、
与野党の第一党の政策責任者が胸襟を開いて
コロナ対策を議論することで一致しました。

2次補正予算の早期成立を確認した上で、
まず次の項目について
協議することにしております。

*家賃対策
*学生支援
*雇用調整助成金
*児童扶養手当
*自治体への臨時交付金

昨日の会談を受け、早速、今日の午後に
学生支援について話をすることにしております。



今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.5.14===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください