20年5月22日 その4655『逢坂誠二 の徒然日記』(6352)

掲載日:2020.05.22

大阪、京都、兵庫の緊急事態宣言が解除されました。

北海道と首都圏はまだ緊急事態宣言が続いています。

北海道は2月28日に緊急事態宣言を自ら発令し3月19日に解除。

その後、国が4月7日に発令し、現在も宣言が続いています。

3月下旬からの3週間余りを除き、
2月末から緊急事態宣言が続く格好になりました。

法定外の早い緊急事態宣言で、
一旦は終息したかに見えた北海道ですが、
結局は長期間、厳しい状況が続いています。

ウイルス感染の怖さを痛感しています。

====
東京高検の黒川検事長が辞任しまし。

辞任を申し出るのは当然ですが、
辞任だけで済ませる案件ではありません。

キチンとした処分を行うべきです。

しかし法務大臣が行った処分は「訓告」です。

公務員に対し懲戒処分に至らないが
不問に付することが適当でない場合として、
軽微な処分を科すことがあります。

それが一般的には、注意、厳重注意、訓告の三つです。

これらは懲戒処分ではなく
履歴書の賞罰欄に記載する必要はなく、
退職時の訓告であっても退職金などが
満額支給される場合が多いはずです。

本来、慎重に処分を検討してから
判断すべきものでしょうが、
辞任前に形式的に処分をして、お茶を濁して、
とにかく早くケリを付けたいという
またしても安倍政権の国民不在の出鱈目な対応です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.5.22===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください