20年5月26日 その4659『逢坂誠二 の徒然日記』(6356)

掲載日:2020.05.26

昨夕、緊急事態宣言の全面解除が決まりました。

宣言解除は喜ぶべきことですが、
北海道の解除の根拠は曖昧です。

直近1週間の新規感染者数が増えた北海道に対し、
昨日の会議でも、状況的には厳しいとの指摘も出ています。

北海道の場合、実際に数値を見ると21日の状況から、
専門家も疫学的にはほぼ変化はないとの分析です。

北海道を積極的に解除する方向ではなかったことを
複数の専門家が示唆しています。

結局は根拠が不十分な中、
政治の判断で解除を決めたのが真相のようです。

経済の状況などを思うと解除を歓迎する声もあります。

しかし厳しい状況の中での解除ですから、
今後の道民の行動には相当な慎重さが求められます。

北海道は4月に第2波となった経験も踏まえ、
今度は同じ轍を踏まないように十分な配慮が必要です。

私自身も今週末帰函できる見込みでしたが、それは無理な状況です。

政府によれば今月一杯は不要不急の外出は避けることとなり、
来月18日までも東京と北海道の不要不急の移動は慎重との方針です。

このため今後の帰函は、
感染者数の推移などを見極めて慎重に検討したいと思います。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.5.26===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください