20年7月8日 その4702『逢坂誠二の徒然日記』(6399)

掲載日:2020.07.08

東京都知事選挙、野党陣営は、
全く歯が立たない結果となりました。

この原因はいくつかありますが、大きな理由の一つは、
野党が四分五裂の中で選挙を行ったことです。

バラバラに戦ったのでは、選挙に勝てるはずがありません。

やはり大きな塊になって、有権者の皆さんにも、
現状を変えうる力になる存在であることを示す必要があります。

そうしなければ投票しようとする意思も生まれず、
投票行動に結びつきません。

そのためには野党が大きな塊になる必要があります。

その第一歩は、昨年秋からともに手を携えて行動している
共同会派立国社が確実にまとまることが重要です。

この足元すら纏まらずに、
他の党に心を奪われていては何の意味もありません。

共同会派「立国社」の取り組みは、昨年秋から、
階段を一歩一歩登るような思いで、慎重に進めて来ました。

特に政調の取り組みは、丁寧かつ慎重に進めて来ました。

この蓄積を大切にしながら、
さらにこの質を高めたいと考えております。

先日、与党議員の方と意見交換をしました。

考え方は、安倍総理とは随分と違うようです。

しかしただ一点、一致しているものがあると言います。

政権にしがみつくことです。

多少思いが違っても、ただその一つで結束していると言います。

我々に欠けているのは、ここです。

政策議論は大事です。

しかし議論の結果、政策の多少の違いをことさらに協調して、
遠心力を働かせるのでは意味がありません。

議論の結果、政策の多少の違いを乗り越えて、
求心力にしなければなりません。

公文書の廃棄、隠蔽、捏造、改竄を
平気で行う政権を続けさせるわけにはいきません。

====
「格差」の問題も考えなくてはなりません。経済が厳しい状況になればなるほど、皺寄せが行くのは、常に弱い立場の人間です。日本ではすでに、所得の格差が子どもの貧困や教育の格差を生み、教育の格差が所得の格差を再生産していく「負のスパイラル」が始まっています。
====
これは、自民党の岸田政調会長が
今月の文藝春秋の中で述べている言葉です。

与党政調会長までば認めるこんな状態を
放置している政権を続けさせるわけにはいかないのです。

そのために心を一つにして、
我々はさらに実績を積み重ねなければなりません。

====
昨日、EUの駐日代表部の政治部長さんと懇談をしました。

部長からは、EUが各国からの拠出金以外に、
独自課税や国債などによる独自課税の検討をしていることや、
中国との関係が悪化していることなどについての話がありました。

EUと日本は極めて重要な関係にあることは論を待ちません。

コロナ禍の中で、今後、一国主義などが、
今まで以上に強く台頭する可能性がありますが、
知恵を絞って新しい形の国際連携が必要である
などの話を私からさせて頂きました。

今日も早朝から国会で会議を行い、
午後には帰函し、地元歩きをします。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.7.8===



One Response to 20年7月8日 その4702『逢坂誠二の徒然日記』(6399)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください