20年7月28日 その4722『逢坂誠二 の徒然日記』(6419)

掲載日:2020.07.28

昨日は、主に北斗市内を歩いています。

食品販売や加工事業者の方から、
コロナ感染の検査を増やすよう要請されます。

従事者が陰性だと分かれば、
消費者も安心できだろうとの指摘です。

なぜ日本で検査数が増えないのかという、
基本的疑問も寄せられます。

とにかく検査に対する不信の声が、
極めて多く寄せられます。

====
昨夕、国会入りし、厚生労働省の担当者から、
検査の現状及び将来の考え方について改めて話を聞きました。

いくら説明を聞いても
政府が何を考えているのかが分かりませんが、
昨日の説明を何度も確認した結果、
次のことのようです。

*6月2日に検査体制の強化に向けた指針を出した
*それに基づいて都道府県が必要と認められる検査数を集計中
*その数値はまだ確定していない
*つまり現時点で、検査に関する数値目標はない
*今は、感染が広がっても、慌てないように準備をしている

政府与野党連絡協議会でも、
繰り返し検査体制について話を聞き、
検査体制の強化について要請をしています。

しかし全くその実態が明らかになりません。

今は廃止された専門家会議の尾身副座長は、
5月4日の記者会見で、次のように話しています。

「新型コロナウイルス感染が国内で急増してからは、度々政府に(検査を)拡充をすべきだと言ってきたのだが、思ったほどのスピードではそうならなかった。」  

このように専門家会議でも
検査体制の不十分さを指摘しているのですが、
この点は未だに不明確なままです。

以前も書きましたが、
ドイツでは週に110万件の検査が可能とのことです。

医療崩壊、一日に600人に迫る市民の死亡、
こんな状態だったニューヨーク市は、
17日と19日は死者がゼロ、19日は感染者数も5人と、
状況が好転しています。

その要因は、検査・追跡・隔離の徹底だと言います。

ニューヨーク州には至る所に検査場があり、
居住者であれば、誰でも無料で、
回数制限なく検査を受けられると言います。

ニューヨーク州での検査は一日あたり7万件が可能で、
8月末までにさらに増える予定だと言います。

アメリカの専門家によれば、
感染拡大防止と経済活動の両立のためには、
検査の拡大が不可欠とのことですが、
日本ではなぜそうした方向にならないのか、
政府の考え方が全く不明なまま
初感染から半年以上が経過します。

今日も改めて政府から話を聞きます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.7.28===



2 Responses to 20年7月28日 その4722『逢坂誠二 の徒然日記』(6419)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください