20年9月2日 その4758『逢坂誠二の徒然日記』(6455)

掲載日:2020.09.02

安倍総理が辞任を発表した先月28日、
政府のコロナ対策本部会議も開かれています。

==以下、NHKの報道==
政府は 28日午後、総理大臣官邸で、安倍総理大臣や菅官房長官、西村経済再生担当大臣らが出席して、新型コロナウイルス対策本部を開き、今後の取り組みを決定しました。

それによりますと、インフルエンザとの同時流行が懸念される冬を見据え、医療提供体制の確保に取り組むほか、検査体制も1日に平均20万件程度行えるよう抜本的に拡充するとしています。
==以上、引用終了==

NHKをはじめ各社が「検査20万件」を報道しました。

しかし問題はこれがいつ実現するのかなのです。

昨日、立国社の合同対策本部を開催し、このことを確認しました。

*詳細時期は未定だが9月の早い段階で、国が都道府県に指針を示す
*早期に新たな検査体制整備計画を策定するよう要請
*この計画の策定は指針発表から一月後程度

昨日の会議で政府から上のような説明がありました。

つまり20万件の計画策定は早くても 10月中下旬で、
実施はさらに遅れる可能性があります。

報道や政府の発表を聞くと、
20万件検査体制が早く実現するかのような印象を受けます。

しかし政府の本部会議では、
20万件検査実現の時期は明示しておりませんし、
報道もそこに言及しておりません。

20万件検査の実現時期は、
発表からふた月以上後になる可能性があるのです。

政府の発表には注意が必要です。



今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.9.2===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください