20年9月6日 その4762『逢坂誠二の徒然日記』(6459)

掲載日:2020.09.06

昨日は、函館市内を歩いております。

いつも応援を頂いているUさん宅では、
街づくりについて 1時間以上、意見交換をしました。

建物の高さ、建蔽率、防災のことなど、広範囲に渡る内容です。

めざす街づくりをどう実現するか。

私の経験では二つのことが重要だと考えています。

実践を積み重ねて小さくても、
範囲が狭くても良いから具体例を示すこと。

学習を重ね先進事例に学ぶこと。

この二つによって、
地域がどうあるべきなのかを
実感として理解することです。

先進事例から学ぶ際には、
自分の地域で実現できない理由を探す
というような否定的な学習をしないことが大切です。

プラス思考、どうすれば実現できるのかを探る姿勢が大切です。

こんなことを熱っぽく語り合い、貴重な時間となりました。

Uさん、有り難うございます。

====
パソコン通信やネットによる
情報交換を開始して35年以上になりました。

開始当初と比較し、通信速度や機器の性能に
格段の差があるのは当然のことですが、
やりとりされる情報の違いにも驚かされます。

他者への悪口、根拠のない決めつけ、情報の曲解など、
35年前には考えもつかない情報が横行しています。

情報発信主体の匿名化傾向の高まりと同時に、
加速度的にこうした傾向が強くなっていると感じます。

パソコン通信時代から
ネットを縁にした結婚や口論、諍い、対立もあり、
ネット空間も実社会と似たようなものだと受け止めていました。

しかし少し前から、この状況も完全に様変わりしています。

ネット空間は、実社会以上に他種多少、
種々雑多、有象無象状態になっています。

匿名性が強くなれば、
こんなネット空間が出現することを
一定程度予測していたことではありますが、
それにしても酷いものです。

このわけの分からない混沌としたネット空間の情報が
実社会や個々人に想像以上の悪影響を与えています。

多くの方がネット空間を流れる情報に翻弄されています。

こんなネット空間とは縁を切りたいと思いつつも、
迅速性、同報性、簡便性などの魔力に取り憑かれ、
泥沼にはまり込むように、抜け出すことはできません。

穏やかに心を落ち着けて、
この鵺のようなリバイアサンと
付き合うほかはありません。



今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.9.6===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください