20年9月16日 その4772『逢坂誠二 の徒然日記』(6469)

掲載日:2020.09.16

昨日、立憲民主党は、
150人の仲間とともに、
新たな船出となりました。

立憲主義と熟議を重んずる民主政治を守り育て、
人間の命とくらしを守る、国民が主役の政党として、
さらに研鑽を重ねながら、
私たちの掲げる基本理念の実現に向け、
政権交代を目指して参ります。

3年前の立憲民主党の立ち上げ以降、
予算委員会筆頭理事、
政調会長代理、政調会長代行、
そして政調会長として、
様々な仕事をさせて頂きました。

原発ゼロ法案の全国行脚、参院選の応援など、
色々と課題はありましたが、貴重な体験となりました。

私たちの組織は、さらにさらに
人材の層を厚くしなければなりません。

そのためには多くの仲間の皆さんに、
様々な体験をしてもらう必要もあります。

組織が強くなるためには、
適度な新陳代謝も必要です。

そういった意味も含め、
私の党務は今回、
一区切りとなります。

今後は、党全体を俯瞰すると同時に、
地元活動に全力投球をしたいと思います。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.9.16===



4 Responses to 20年9月16日 その4772『逢坂誠二 の徒然日記』(6469)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください