20年9月17日 その4773『逢坂誠二 の徒然日記』(6470)

掲載日:2020.09.17

昨日、菅内閣が発足しました。

約8年ぶりの総理交代です。

しかしワクワク感はありません。

菅総理自身の国家感が見えないことなどもあり、
ある種の常軌を逸した雰囲気を感じます。

国民を幸せにする気持ち、
それが本当にあるのかどうか分かりません。

もちろん私の勝手な感覚です。

初入閣は5人のみで、あとは再任、留任、横滑りです。

その意味で手堅い内閣とも言えます。

総裁選からの発言を聞いていると、
答弁に最も不安があるのは総理自身かもしれません。

解散風が強いようです。

どんな状況でも全力で選挙に立ち向かいます。

一方、コロナ禍の中で、
選挙ができる状況ではないとも思います。

また内閣が何も仕事も論戦もせずに、
即、選挙というのは、
あまりにもご都合主義です。

明日で論戦のない国会は閉会となりますが、
地元歩きに専念することと、
次の論戦に向けた準備を開始します。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.9.17===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください