20年9月19日 その4775『逢坂誠二 の徒然日記』(6472)

掲載日:2020.09.19

何も議論しない、たった3日間の
臨時国会を終え、昨夕、帰函しました。

今日は秋の彼岸入りです。

函館の日の出は 5時21分。

日の出前の空は、完全に秋の雰囲気です。

====
副大臣、政務官も決まり、
昨日から菅内閣が本格スタートです。

初入閣が少なく留任、再任、横すべりの多い陣容で、
侮れない内閣だと感じます。

ただし麻生副総理兼財務大臣の留任は、いただけません。

財務省で公文書改竄など不祥事が続いた際に、
責任を取るべき方ですが、今回も継続です。

安倍内閣の負の遺産を引き継いでしまいました。

加藤官房長官は、ご飯論法、はぐらかし答弁の連続でしたが、
就任後の定例記者会見を見ると、今後もそれを続けるようです。

質問するマスコミの皆さんの矜恃が問われます。

河野行革担当大臣の発言は派手で注目を集めます。

縦割り110番などは、
どこでもやっているごく当たり前のことなのですが、
一気に注目され、なるほどという感じです。

行革はあくまでも手段です。

それが目的になると結果を誤ります。

小泉政権下でも自治体に集中的に改革を求めましたが、
その結果、いざというときに機能しない政府になってしまいました。

闇雲に効率化や組織の切り捨て統合を行うのではなく、
何を目的に行革を行うのかを明確にすることが重要です。

デジタル化は重要ですが、
何を目的に実施するのかを十分に検討しなければ、
結果を誤ることになります。

国民目線で、地域目線で、
国民の命とくらしを守るためことが大きな目的です。

これを見失ってはなりません。

菅内閣で、最も大きな問題は、
菅義偉総理自身かもしれません。

以前も書きましたが国家観が感じられません。

総理は権力者です。

切れ味の良い包丁を持ったようなものです。

本来、包丁は料理に使います。

料理を作る目的で包丁を手にするのは当然です。

菅総理に国家観がないということは、
本当に料理を作りたいのかどうか、
それが分からないということです。

その方が切れ味の良い包丁という権力を持ったのです。

私は、なんとなくの恐怖を感じています。

それにしても「国民のために働く内閣」には、
余りにも当たり前過ぎて驚きました。



今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.9.19===



One Response to 20年9月19日 その4775『逢坂誠二 の徒然日記』(6472)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください