20年9月24日 その4780『逢坂誠二 の徒然日記』(6477)

掲載日:2020.09.24

函館の日の出前の気温は15度。

雲の多い朝です。

昨日午前は議員会館で仕事、
午後は帰函し、地元回りをしております。

====
努力が報われる社会…、
こうした社会を実現したい、
と感じている方も多いかと思います。

努力しても、努力しても報われない社会、
そんな社会は理不尽だと感ずる方も多いでしょう。

多くの政治家も、
努力が報われる社会に言及します。

しかし政治家が、
これに言及する際には注意が必要です。

その発言をされた方が、
努力しても報われない事柄や場面があるということを
認識した上での発言なのかどうか、
ここが重要です。

生きていく上で必要最低限のこと、
地域を考える上で必要な財源など、
これら全てのことは、努力しさえすれば、
全て獲得できるというものではありません。

しかもこうしたことは、民間事業や企業の原理、
つまり市場原理で補うことのできるものではありません。

努力すれば報われる社会をつくることは、
大事なことだと思いますが、
政治にしか、政治家にしかやれないことがあります。

世の中には、努力しても実現できないことがあり、
それをどうするかを考え、対応すること、
これは基本的には政治にしかできないことです。

政治にしかできない役割のことを確実に認識せずに、
努力すれば報われる社会に言及するのは、
政治家として危ういことだと私には思われます。

自助、共助、公助との考え方は大切なものです。

しかし政治家が考えるべきことは、
公助、共助、こちらだということです。

これもキチンと理解する必要があります。

====
今日は、倫理法人会のモーニングセミナー、
そして街宣から活動開始します。




今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.9.24===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください