20年10月4日 その4790『逢坂誠二 の徒然日記』(6487)

掲載日:2020.10.04

函館の夜明け前の気温は15度程度です。

====
9月15 日の東京での新しい立憲民主党の結成、
9月26日の立憲民主党北海道総支部連合会の結成、
そして昨日は、8区総支部と函館支部の結成大会を実施しました。

全国、北海道、そして地元と、新「立憲民主党」が結成されました。

2017年9月28日、解散のその日に他党に移れ!!
という前代未聞の暴挙から3年、辛い日々でしたが、
大きな塊になることができました。

今回の結集は単なる再結成ではありません。

3年の歳月を通して、
大きな塊になることの意味をしっかりと確認し、
政策や行動の基本となる綱領を出発点にしての合流です。

私自身、この3年の歩みの中で、新たな結集に力を注いで来ました。

特に政調会長として、
政策への統一した対応を行うための取り組みを進め、
その結果として、今回の合流があります。

また合流後は、当選回数の多い、
多くの経験豊富な仲間が増えます。

こうした方々をはじめ、
たくさんの皆さんに活躍してもらうことが大切です。

俺が俺がではなく、
抑制的に全体を俯瞰した活動に心がけたいと思います。

今日も地元で「わしわし」が続きます。




今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.10.4===



One Response to 20年10月4日 その4790『逢坂誠二 の徒然日記』(6487)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください