20年10月7日 その4793『逢坂誠二 の徒然日記』(6490)

掲載日:2020.10.07

今日の函館の日の出は5時40分。

気温は9度、ついに10度を下回りました。

====
日本学術会議問題、とても嫌な予感がします。

日本学術会議の活動が国のためになっていない、
国益に反する活動をしている、
こんな議論が出つつあります。

税金を使っているのだから、
国のためにならない活動をするのはけしからん、
そんな考えは当たり前と思う方は多いでしょう。

国益に沿わない日本学術会議を潰せ
との雰囲気も見えます。

注意が必要なのは、
「国益」や「国のため」という言葉です。

私もこの言葉を使うことがありますが、
この言葉の中身は、実は極めて曖昧で難しいものです。

国益とは何かとか、
国のためにとはどうすべきことなのかなどは、
実は本当のところは分かりません。

先日、私が関わった立憲民主党の綱領の中で、
「開かれた国益」という言葉を使いました。

これは自国だけではなく他の国々とも
利益を享受するという意味が含まれた言葉です。

そんなことはダメだ。

まずは自国の利益の確保だろう
と主張する方もいるかもしれません。

でもたくさんの国が自国だけの利益を優先し始めたら、
国家間の対立が激化して、
結局は自国の利益を確保することすら
難しくなる可能性もあります。

それは最終的に国民にとって不幸なことです。

だから他の国々とも利益を享受すべきだと、
私たちは考えています。

でもどの時間軸で考えるか、誰への利益なのかによって、
この考えに反する人も多いかもしれません。

ここに道筋を与えてくれるのが学問です。

多様な方法、目線によって、
国益のあり方、国のためとは何かを自由闊達に議論し、
様々な国益のあり方などを提示できること、これが重要です。

そうした議論も頭に置きながら
具体の政策のあり方を決めるのが、
私たちの役割の一つです。

学術議論に関し、政治家が簡単に国益に反するとか、
国のためにならないなどと決めつけることは自由ですが、
その議論を排除することはすべきではないのです。

それは最終的に、未知、既知を含め選択肢を狭め、
いわゆる国益を損ね、国民を不幸にする可能性もあります。

これは歴史も証明しています。

こんなことは自明のことだと思うのですが、
今だけ、自分だけ、金だけの安倍政権が長く続き、
政治家も感覚が麻痺しているようです。

極めて危険な状態です。




今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.10.7===



3 Responses to 20年10月7日 その4793『逢坂誠二 の徒然日記』(6490)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください