20年10月11日 その4797『逢坂誠二 の徒然日記』(6494)

掲載日:2020.10.11

昨日、アイヌの皆さんが
祖先を供養する儀式イチャルパが、
函館市内で開催されました。

今年で5回目の開催となります。

大学時代、私の通っていた学部のすぐわきの倉庫に
アイヌの遺骨が保管されていたことや、
国内外に散逸している遺骨の適切な管理への支援をすること、
こうした内容の挨拶をさせて頂きました。

今年は、例年よりも多くの市民の皆さんが、
足を運んで下さいました。

====
8月27日、いつもお世話になっている
弁護士の山崎英二さんが74歳で亡くなりました。

昨日、函館市内のホテルでお別れの会が開かれ、
私も献花を行い最後のお別れをしてきました。

仙谷由人さんとも交流のあった
山崎先生の別名は月光仮面です。

正義の味方、弱い方々の味方でした。

いつもニコニコ、笑顔を絶やさず、
周囲を明るくしてくれます。

高校時代からの友人だという森元浩さんが、
山崎先生の気さくさ、雰囲気の伝わる、
心のこもった弔辞を述べられ、
思わず目頭が熱くなりました。

山崎先生、本当に有り難うございます。

安らかにお休み下さい。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.10.11===



One Response to 20年10月11日 その4797『逢坂誠二 の徒然日記』(6494)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください