20年10月13日 その4799『逢坂誠二 の徒然日記』(6496)

掲載日:2020.10.13

菅総理は、一体、国民への説明責任など
どのように考えているのだろうか。

意味不明のことが立て続けに起きています。

*総理大臣として法律に基づいて任命した
*総合的・俯瞰的活動を確保する観点からふさわしい方を任命した
*推薦された方々がそのまま任命されてきた前例を
 踏襲をしていいのかどうか考えてきた

菅総理がこの間、日本学術会議会員の
任命拒否について述べて来たことです。

しかし9日、菅総理は、

「(決裁の前の段階で)自分が名簿を見たときには
 すでに99人だった(6人はすでに外されていた)」

という趣旨の発言をされています。

ということは、総理の判断ではなく、
誰か別の方が6人を外す判断をしたということでしょうか。

総理のこれまでの発言の整合性が取れないと感じていたところ、
昨夜、新しい情報が飛び込んで来ました。

杉田副長官が首相の決裁前に外す6人を選別。

その報告を受けた首相も名前を確認。

そうなれば、
どのような理由で6人を外したのかが、
改めて問われることになります。

====
また菅総理が5日と9日に行った
グループインタビューなるものも噴飯ものです。

質問できるのは代表3社のみです。

抽選によって40名が別室で傍聴できるそうですが、
映像はなくスピーカーからの音声を聞けるのみなのです。

しかも傍聴部屋の撮影は禁止、
ニュースの配信は終了後とのことです。

その音声を起こした原稿を見て、さらに驚きました。

記者が学術会議会員の任命拒否理由を繰り返し質問しても、
「広い視野に立ち、バランスのとれた行動を行い、
 国の予算を投じる機関として
 国民に理解される存在であるべき」
と同じ答えを何度も繰り返すだけです。

3者だけが王様に拝謁が許されて、
その他望む者は選抜の上、
王様の姿を見ることはできず、
声だけの拝聴が許される、
そんな雰囲気でしょうか。

王様の時代のお触れのような
前近代的な国になってしまいました。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.10.13===



2 Responses to 20年10月13日 その4799『逢坂誠二 の徒然日記』(6496)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください