20年10月20日 その4806『逢坂誠二 の徒然日記』(6503)

掲載日:2020.10.20

秋の土用の入りです。

====
昨朝は、
青果市場でニュース配布を行い、
街頭活動を行なっております。

季節の移ろいは早く、
朝の気温は一桁台となり、
気持ちは冬に向かっています。

一昨日は、函館でも
雪虫が舞っておりました。

====
農水省が、
新型コロナウイルス対策として
農家の次期作を支援する
「高収益作物次期作支援交付金」の
募集を行なっています。

これは一次補正に盛り込まれ、
4月30日以降の取り組みが対象です。

交付金をあてにし、もう既に資材の購入などを
行なった農家もあります。

ところが農水省は、
既に交付申請を受け付けたにも関わらず、
12日付で交付要件を厳しいものへと変更し、
追加書類の提出を求める通知を発出したのです。

正式な試合の最中に、
急にルール変更をしたようなものです。

申請後の要件変更で、全国の農家の皆さんには、
当然、困惑や混乱が広がっています。

これは前代未聞のことと思います。

農林水産省から話を聞きましたが、
どうも要領を得ません。

私の受けた感じでは、
当初の交付金制度が非常に大雑把で要件が緩く、
多くの農家が申請できる内容です。

この要件であれば、
たくさんの申請があるのは当然だと思います。

何でこんな交付金内容にしたのか、
農林水産省の見識が問われます。

自分達の不備であるにも関わらず、
今になって急に要件を変更し、
農家を困らせるのは、もっと不見識です。

この件に関する野上大臣の発言です。

*関係者に面倒をかけることは大変遺憾
*現場の理解が得られるよう丁寧に説明する
*当初はコロナの影響で農家が営農を断念しないよう
 申請しやすい簡素な仕組みにした
*コロナの影響があったとは言い難いものも含まれていた

当初要件にコロナの影響の有無が含まれていないのですから、
今さら、申請にコロナの影響があったとは言い難いものも含まれていた
との大臣の発言も無責任です。

現場では、既に追加申請も受け付けている節もあり、
混乱が広がりそうです。

農水省には、農家の皆さんの納得が得られるよう、
適切な対策を講ずるよう、強く要請します。

====

今日は、都内のホテルで朝食勉強会を開催します。

今回の講師は、私がつとめます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.10.20===



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください