20年10月27日 その4813『逢坂誠二 の徒然日記』(6510)

掲載日:2020.10.27

昨日、やっと203国会が始まりました。

 6月17日の通常国会閉会以降、
コロナ感染対策など内外の課題は山積しており、
国会召集要求を憲法53条の規定に基づき要請しましたが、
結局は安倍総理は、それを無視しました。

菅総理も総理就任後、
40日も経過してからの国会発言となりました。

40日も国会を開かないのは、
政権交代以外では異例の長さです。

以下は昨日の所信からの抜き出しです。

全体を貫く国家観や基本理念が見えません。

神社に奉納された
数多くの絵馬を見ているような印象です。

====
*1日平均20万件のコロナ検査能力の確保
*医療資源を重症者に重点化
*アベノミクスの継承
*今後5年で自治体システムの統一・標準化
*マイナンバーカードは今後 2年半のうちにほぼ全国民に
*来年3月からマイナンバーカードと保険証の一体化
*運転免許証のデジタル化
*デジタル庁設立
*全ての小中学生にIT端末
*行政申請での押印の原則廃止
*生産拠点の国内立地、国際的な多元化
*経済と環境の好循環
*2050年までの温室効果ガスの排出ゼロ
*再生可能エネルギー最大限導入
*安全最優先で原子力政策を進める
*石炭火力発言政策を抜本的に転換
*観光や農業改革などにより地方を活性化
*農産物の輸出2025年2兆円、2030年5兆円
*観光需要を回復する政策プランを年内に策定
*最低賃金の全国的な引き上げ
*人材紹介の取り組みを銀行を対象に年内スタート
*入国時の検査能力来月中に一日2万人
*在留資格の緩和
*待機児童の解消
*年末までのポスト「子育て安心プラン」
*不妊治療の保険適用
*児童相談所などの体制強化
*子どもの貧困対策
*男女共同参画基本計画の年末までの策定
*大学生、高校生の就職支援
*介護現場の生産性の向上
*毎年薬価改定の実現
*オンライン診療の恒久化
*高齢者医療の見直し
*被災者再建支援法改正(支援金の支給対象を拡大)
*イージス・アショア代替案
*抑止力の強化方策の取りまとめ
*自由で開かれたインド太平洋
*携帯電話料金の引下げ
====

「国民のために働く内閣」として改革を実現する
と菅総理は意気込んでいますが、
国民のために働くのは当然のことです。

自助、共助、公助もある種当たり前のことであり、
その中で政治が何をするのかを語らねばなりません。

本来、語るべき内容を語っていない、空疎な演説です。

どう仕事を進めるかの手法に対しての思いはあるようですが、
国民や国のあり方に対する理念が欠如しています。

バスの運転方法は知っているが、
どこに行くべきか知らない運転手のもとで、
バスが動き出しました。

極めて危うい内閣の船出です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.10.27===



One Response to 20年10月27日 その4813『逢坂誠二 の徒然日記』(6510)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください